精神面に働きかける治し方|テニス肘や腰痛の治療|専門の病院があります
医者

テニス肘や腰痛の治療|専門の病院があります

精神面に働きかける治し方

聴診器を持つ人

女性は、思春期を迎えた頃から、自分の見た目が気になってくるものです。肌のスキンケアをしたり、かわいいアクセサリーをつけたりして、だんだんと女性らしさを身につけていきます。また、この時期は体が丸みを帯びてきて、子どもとは違うふっくらした体になってきます。徐々に丸みを帯びていく体をみて、太ってきたと勘違いし、必死にダイエットに励む女性も多くいます。しかし、女性が若い間に行なうダイエットは、食べ物をひたすら減らして運動はしないなどの極端な方法が多く、将来的に体に悪影響を及ぼす場合があるのです。食べ物だけを減らすと、確実に体重は落ちます。そのことが嬉しくてどんどん食べるものが無くなっていくと、最終的には拒食症などの摂食障害を発症します。摂食障害を発症すると、思うように食事ができなくなっていきます。摂食障害のひとつである拒食症は、食べ物を食べたくても体が受け付けず、たとえ食べたとしてもすぐに吐いてしまうのです。
摂食障害はすぐに治療を行なわないと命の危機に晒されます。食事を楽しく摂れないと精神的にも落ち込んでいき、自分を追い詰めてしまう可能性もあるのです。摂食障害の治療は自宅だけではほぼ実行できません。専用の病院にいき、点滴などを打ちながら治療するしかないのです。また、現在は、摂食障害患者の増加に伴い、治療法も数多く確立されてきています。漢方を使いながら徐々に体に栄養を送り込む無理のない治療法や、カウンセリングを行ないながら精神面から治していく治療法まで様々です。