進行度で変わる治療法|テニス肘や腰痛の治療|専門の病院があります
医者

テニス肘や腰痛の治療|専門の病院があります

進行度で変わる治療法

医師と患者

人間の体内には小腸という器官があります。小腸は3つに分けられます。それが、十二指腸、空腸、回腸です。この3つの小腸の中でがんに侵されやすい場所が、十二指腸です。発症率はそこまで高いものではないのですが、それでも発症すると治療には時間がかかってしまいます。十二指腸がんにかかると、腹痛や退場の減少、更に悪化すると、吐血や下血などの症状が現れます。初期症状として、腰痛のような痛みを感じるのですが、多くの人はそれが十二指腸がんの前兆だとは気づきません。また、十二指腸がんの症状は胃潰瘍と似ているので、まさかがんに侵されているとは考えもつかない人が多いのです。
十二指腸がんの治療方法にはいくつか種類があります。外科的な治療法や一般的な放射線治療、化学療法などです。十二指腸がんは、前兆に気づいて早期発見ができれば、内視鏡手術でがんを取り除くことができます。内視鏡手術は、本格的な手術に比べて体に掛かる負担が少ないので、ダウンタイムも少なく、すぐに動けるようになります。しかし、十二指腸がんが進行していて、粘膜の中にまでがん細胞が浸潤している場合、内視鏡手術では効果がなく、普通の外科手術でがんを切除するしかないのです。内視鏡手術で対応できないほどがんが進んでいる場合、ほとんどがリンパ節にも転移しているものです。
内視鏡手術や外科手術でも十二指腸がんが改善できないと判断されると、放射線治療や化学治療が採用されるのです。この二つの治療方法は患者に負担がかかる手術方法です。自分の体の声に耳を傾け、十二指腸がんを早期に見つけられるように心掛けましょう。